HOME

What's New(新着情報)

不動産担保融資の利用で利子の支払額の軽減を

不動産担保融資はその名の通り、不動産を担保にした融資であり、このように担保を設定して融資を受けることを有担保融資と言います。
不動産担保融資に代表される有担保型融は、カードローンに良くあるタイプの無担保型融資よりも、利率が低く設定されていることが一般的です。
従って、担保に設定できる不動産があるのであれば、不動産担保融資を選択した方が、カードローンより利率を低く抑えることができるのです。
また、不動産担保融資は、この例に当てまららない場合も沢山ありますが、一般的に、不動産の評価額の7割前後が与信枠の目安と言われています。
ですので、不動産の評価額が一定水準以上であれば、無担保型ローンよりも多くのお金を借りることができます。
不動産担保ローンの利用者が最も懸念する点として、返済が滞った時に不動産を手放さなくてはいけなくなると言う点です。
しかしながら、無担保型ローンであっても、設定の担保がないと言うだけであり、返済が出来ない時に支払いの義務が消失すると言うものでもなく、結局は返済に充てるお金を作る為に資産を処分しなくてはいけなくなるケースが大変多いのです。
従って、担保設定ができる不動産がある場合には、利子の支払額の削減の為に、不動産担保融資の積極的な活用が推奨されるのです。

HOME